読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きまブログ

5/31 はてなダイアリーから移行しました。


三島由紀夫「潮騒」の舞台 "神島"へ 2015夏

もう1ヶ月経ってしまいましたが。。
会社の同僚と、神島(三重県)へ行ってきました。

行程

近鉄名古屋 08:10
 ↓ (近鉄 1.5hrs.)
鳥羽 09:48 / 10:45
 ↓ (鳥羽市営定期船 0.7hrs)
神島 11:30ごろ

プランとしては、神島を一周するコースがあるようなので、それに沿ってみます。
f:id:mkimakima:20150812145822j:plain

昼食を食べてから。と思ったのですが、お盆休み中だったので、
神島に幾つかある商店も、お休みの張り紙。。

また、予約客優先で、食べられそうな場所もなかったので、
「2時間くらいだよね。。一周してから食べようか。。」というコトに。
※ 観光ガイドには、2時間ほどで1周できる。と書いてある。

元々持っていた500ml PETボトルのお茶&500ml PETボトルのスポーツドリンクを自販機で購入して、スタートです。

神島は、三島由紀夫の「潮騒」の舞台になった島。

潮騒 (新潮文庫)

潮騒 (新潮文庫)

潮騒の舞台になった場所には、案内板があります。

まず、船着場のすぐ近くから、階段を登り始め、左回りに島を一周します。

八代神社

階段を登ると、八代神社(やつしろじんじゃ)。
神宮(伊勢神宮のこと)の遥拝所もあります。
f:id:mkimakima:20150812120413j:plain

神島灯台

「潮騒」では。。
お世話になる灯台守のオジサン夫婦
f:id:mkimakima:20150812122334j:plain

監的哨跡

監的哨跡が見えるところに、ちょっとした東屋があるので15分ほど休憩。
「潮騒」では。。
主人公・ヒロインが、心を通わせる場所として有名。
f:id:mkimakima:20150812123501j:plain

カルスト地形

f:id:mkimakima:20150812130012j:plain

「潮騒」では。。
主人公の弟くんがインディアンごっこをする場所です。

ニワの浜

f:id:mkimakima:20150812131259j:plain

この浜を通り、10分ほど?山道を歩けば、スタート地点の船着場へ。


あとで写真の時間で確認したところ、1周およそ、1.5hrs. くらいでした。
結構ペースが速かったのでは??
疲れた。。もし、お昼ごはん食べてからヤバかったかも。。

軽食@山海荘さん。タコカツバーガー

このあと、お昼ごはん&休憩ができればと、「山海荘」さんという民宿へ行き休ませてもらうことに。www.sankaiso.net
民宿のお母さんは、「タコカツバーガーくらいならできるけど。。」
とのことでしたので、頂きました。美味しかった。
f:id:mkimakima:20150812140020j:plain

あとで知ったのですが、本当は要予約です。。
鳥羽周辺の飲食店で「とばーがー」というキャンペーンをしていて、そのうちの一つでした。
とばーがー

とにかく、汗だくのオッサン4人を休憩させてくれた山海荘さんに感謝です。

メモ

ぜひ、「潮騒」を読んでから、散策することをおすすめします。
また、真夏を避けることもおすすめします。
もっとゆっくりペースでもいいんでしょうが、30〜40代のオジサンたちでも、
結構キツかった。。
不思議なほど、蚊とかはいなくて、虫さされ的なことはなかったです。

その後、鳥羽に戻り、夕食をいただき、帰名しました。

神島
↓ (市営)
鳥羽 /19:02
↓ (近鉄)
名古屋 20:36