読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きまブログ

5/31 はてなダイアリーから移行しました。


2012夏 - 高山旅行

会社の同僚5人で、高山を旅行してきたので、そのブログを。。

2012夏 - 高山旅行(旅程概略)

  1. 名古屋駅 →(ワイドビューひだ3号)→ 高山駅
  2. 高山駅 周辺散策(昼食)
  3. 高山駅 →(路線バス)→ 鍾乳洞口
  4. 大橋コレクション、飛騨大鍾乳洞 見学
  5. 鍾乳洞口 →(路線バス)→ 高山駅
  6. 高山駅 周辺散策(おみやげ&夕食)
  7. 高山駅 →(ワイドビューひだ20号)→ 岐阜駅

2012-08-17(fri) - 日帰り。

名古屋駅 →(ワイドビューひだ3号)→ 高山駅

8:45発/11:00着。¥6,070-
乗車中は、とくにイベントはなかったけど、
途中、犬山城日本ラインなどについて、観光情報のアナウンスあり。

高山駅 周辺散策(昼食 〜 山下清展)

もともと、お目当ての「飛騨牛バーガー」があったのだけれど、
お店が開いてなかったので、あきらめて別の店へ。


  • 定点カメラの赤い橋。

 高山といえばコレ?


散策をしていると、思いがけなく、「山下清 原画展」というのがやっていたので見学。
むー。すばらしい。
山下画伯の貼り絵がデザインされたクリアケースを買ってしまった。
また、入り口を入った所のカーペットが、線路のデザインになっているのも粋でした。

高山駅 →(路線バス)→ 鍾乳洞口

高山駅に戻り、濃飛バスでおよそ40分。
バスセンターで、「鍾乳洞口」までの往復のバス、大橋コレクション・鍾乳洞の入場券のセットが¥2,440-で売ってます。


「鍾乳洞口」バス停に着くと、道路を挟んだバス停に
鍾乳洞までの送迎バスを呼び出すための電話が設置された東屋があるので、
ここで電話をして、数分待つと、送迎バスが来てくれました。
(同乗していた女性が電話をしてくれました。感謝。)

大橋コレクション、飛騨大鍾乳洞 見学

飛騨大鍾乳洞&大橋コレクション館

  • 大橋コレクション(撮禁)

 美術品的なものは、まったくわかりません。すみません。
 ただ、金塊はありますw

  • 飛騨大鍾乳洞

 大橋コレクションを2フロア見てから、鍾乳洞へ。
 中はすごい寒いですw 10℃くらいらしい。
 とはいっても、羽織るものが必要とか、そういうことはなかったです。
 鍾乳洞なので、上からポタポタ水滴が落ちてくるので、多少、濡れてもいいものを着て行きましょう。
 内部は、コンクリートで舗装されているので、歩きやすいですが、天井が低いところがあるので、
 頭をぶつけないように注意が必要です。
 場所によっていはすごく混雑しています。
 途中、(足腰に自信のない方向けに)2箇所ほどエスケープできるように、第1・第2の出口が作ってあります。
 出口から出ると、渡り廊下のような回廊が設置されており、それを通って、最初の駐車場まで帰れます。

鍾乳洞口 →(路線バス)→ 高山駅

再び送迎バスで、(ダイヤに合わせて)濃飛バスのバス停まで送ってもらいます。
帰りの高山行きの濃飛バスは、10分近く遅れていて、席は満席に近かったです。
乗鞍から走ってきているバスなので、登山客が多かったです。

高山駅 周辺散策(おみやげ&夕食)

もともと16:44のワイドビューひだに乗る予定だったけど、バスも遅れていてため、
「まぁ、ゆっくりしてから帰ろう。」という事になり、
散策の続き&おみやげ物色をして、食事をしました。
高山ラーメン&ミニ飛騨牛

高山駅 →(ワイドビューひだ18号)→ 岐阜駅

18:45発/定刻は20:42。¥5,010-
列車は定刻で発車したものの、雨量規制の影響で1:00ほど遅れて到着。

※ 次の日も、同じ区間で運転見合わせしていたので、夏のこの区間は要注意?


で、今年の夏旅は終了となりました。