読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きまブログ

5/31 はてなダイアリーから移行しました。


気がついたことから片付ける時間

必ず。と、決めているわけではないのですが、
金曜日の午前中は、「気がついたことから片付ける時間」にしています。

ふつう仕事は、重要度と緊急度で、
優先順位を決めて片付けていくようにしていますが、
週に1回くらいは、
「気がついたものから手を付ける時間」
を作っています。

そうしないと、目に付いているのに、
できないことが溜まっていってイライラするので。。

今日は、掃除をしたり、ちょっと前に頼まれていた事を片付けたりと、
気になっていたことを片付けることができて、ちょっとスッキリしました。

そうすると、午後は、気持ちよく、仕事に取り掛かれるのです。

「ゾウの時間ネズミの時間」

読書

この本は、ボクがまだ若かった頃、新書でベストセラーになった本。
初版は1992なので、高校生だった。

前半:アロメトリー

前半のテーマは「アロメトリー」という考え方。
アロメトリー - Wikipedia

この言葉自体には、馴染みはないけれど、
これ、健康診断でお目にかかる「BMI」も、この考え方に沿っているらしい。

文中には、アロメトリーを論ずるにあたり、乗数の計算。というものが頻繁に登場する。
4/3乗とか。-1/4乗とか。。
これが結構ややっこしい。前半の肝でもあるが、わかりにくい。

この本自体は、理論→現実を検証しているのではなく、
現実→理論の検証・推定をしていて、
また、野生動物の身体測定。。
という「個体差があったり、定量的でないデータ」をベースに
検討せざるをえないため、かなりザックリな傾向を分析している。

中高の時に習ったように、答えが「ピッタリ」になるわけではないため、
「おや?こんなんで科学なの?」と思う方も多いのではないかと思った。
まぁ、実験をすれば、重力加速度を実験から算出しようとしても、値はパラパラするもので。。

実測が、3/4乗がフィットするのか2/3乗がフィットするのか?
という議論はとても面白いと思った。

後半:植物・昆虫・棘皮動物

後半は、哺乳類以外の植物・昆虫・(筆者のご専門)棘皮動物
それぞれの「サイズ」と折り合いを付けたサバイバル手法が紹介されている。

流体力学と生物のサバイバル手法のあたりはとてもおもしろく、
動植物の進化というのは、本当に長い年月により淘汰されてきたのだなぁ。
と、納得してしまう。

筆者のご専門の棘皮動物に絞った章では、
「キャッチ結合組織」という硬化・軟化を瞬時に制御できる、組織が登場する。
これって、バイオミメティクス(生体模倣)の応用って、
すごく期待できるところだと思うんだけど。。

引用

読み進める中で、ポストイットを貼った所を幾つか引用してみます。

p.4

時間は体重の1/4乗に比例するのである。

p.19

ゾウは非常に大きいことにともない一世代の時間が長く、
その結果、突然変異により新しい種を生みだす可能性を犠牲にしている。

なるほど。という感じ。

p.76

スクリューの効率を悪くしている最大の原因は、回転速度が上がると、
スクリューの先端で気泡が生じてしまうことである。

この現象は「キャビテーション」といい、もちろんwikipediaに詳しいw
要は、スクリューが回ることで、液体の圧力が(飽和水蒸気圧より)下がって蒸発して気泡が出て来る。
この泡によって、スクリューの推進力の効率が落ちる。ということ。
キャビテーション - Wikipedia

p.130

幾何相似と弾性相似

p.191

「キャッチ結合組織」と私が呼んでいるもので、

1993年段階では「キャッチ結合組織」というのは、著者・本川達雄先生によるプライベートな用語のようですが、
2017年では、正式な学術用語なのでしょうか??
ネットで検索すれば幾つか出てきますが。。

ここでいうキャッチ=かけ金という意味。
本文にある、ウニの体表を覆う骨片とキャッチ結合組織。の話は初めて知り驚いた。

【これで解決?】MacBook Air キーボード不調問題解決

Apple

下のブログにも書いた、MacBook Airのキーボードがおかしい件が、
直ったというか、まぁ、原因特定ができたと思う。。ので、備忘録です。

mkimakima.hatenablog.com

症状

[F2],[2],[w],[s],[x]の左手薬指担当のナナメ一列のキーが、
時々入力できなくなります。

環境

発生条件
  • ある時、突然発症し、ある時、突然治る
    (治るというより、症状が著しく改善する)。
  • スリープ回復直後に発生するが、これもしばらく使っている(というか放っておく)と治る。
  • VirtualBoxubuntuを起動していると、入力がもたつくことはあるけど、致命的な問題には至らない。
くわしい症状
  • [F2], [2], [w], [s], [x]の5つのキーを押しても、入力されなくなる。
  • 連打もしくは押しっぱなしにすると、入力される事がある。
  • 別のキーを入力した直後に、上記5つのキーを押すと入力される確率が高い。
  • たとえば「うぇ」(we)と入力しても、「えw」(ew)と入力されることがある。
    これは面白い症状。ふつうそんなことってないでしょ?
    結果的に、タイプミスしているわけでもないのに、タイポが増えて困るw
過去の対策

リンクのブログでは、VirtualBoxを原因のひとつにしていたけど、
過去に、
VirtualBox原因説
・ハードウェア原因説
Google日本語入力原因説

PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 英語配列 USBキーボード ブラック PD-KB200B/U

PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 英語配列 USBキーボード ブラック PD-KB200B/U

など、幾つかの原因を仮定して問題解決に挑みましたが、
結局、原因もつかめず、問題も解決しない状況だったのです。

ただ、問題がハードかソフトかを切り分ける確認方法として、
不調の時に、USBキーボードを接続して、確認すれば良いのだとは思っていました。
(本当にこれでいいのかわかりませんが。。)

ただ、自宅でMacBookを広げることなんて、あまりなく、
そのタイミングでうまくUSBキーボードを接続できなかったために、できなかったのです。

USBキーボードを接続してみた。

しかし、先日、このチャンスが訪れました。
家でMacBookを使っていると、「w」が入力できなくなる問題が発生。
すかさず、WindowsPCに接続してあるUSBキーボードを引っこ抜き、

PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 英語配列 USBキーボード ブラック PD-KB200B/U

PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 英語配列 USBキーボード ブラック PD-KB200B/U

接続してみると、入力できるではありませんか。
「本体のw」「USBキーボードのw」を交互に打ってみても、
USBキーボードのwの方だけ入力できます!!

まぁ、ハード的な問題なのかな。。と。。

裏付け?としては、最近、キーを強く押し込むと入力できて、
軽く押すだけだと入力できない事案に遭遇。
ハード原因説が強くなっていたのは確かです。

まぁ、毎日カバンに入れて、自転車に乗ったりしていたので、
そうなるかもね。という気はします。

ただ、MacBook Airのキーボード交換は、数万円単位で掛かるらしく挫折。
4月には新しいMacBook(Retina 12)がアップデートされる期待から、
あと数ヶ月待つことにします。

MacBook 購入後は、自宅の省スペースデスクトップとするつもりなので、
専用のUSBキーボードを買おうかと思ってます。
(これは日本語キーボードだけど。。)

Apple Keyboard テンキー付き -JIS MB110J/B

Apple Keyboard テンキー付き -JIS MB110J/B

ドラマ「嫌われる勇気」の感想

ちなみに、この本は読んでません。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

ドラマ「嫌われる勇気」は「語学講座」と同じ。

このドラマを3話見てきて、これは「3層構造」になってる。と感じました。

(1) 「刑事ドラマ」としてのストーリー
(2) 事件と庵堂(香里奈さん)の「アドラー心理学的行動」
(3) 大文字(椎名桔平さん)と青山(加藤シゲアキさん)の「講義」

ドラマとしては、(1),(2),(3)の繰り返しで進みます。
そして、この構造は、NHK外国語講座とかにある、

(1) 出演者がミニドラマを演じる。
(2) ドラマ内で、キーフレーズを使う。
(3) スタジオで、ドラマで使われたフレーズを講師が解説。

という構図と同じ。

つまり、このドラマは、
大文字先生によるアドラー心理学講座であり、主体は(3)。
ボク(視聴者)は、語学講座番組のミニドラマを見ている感覚になってきました。

もちろん、ドラマの構成は、そういう風にはなっていませんが、
そういう風に見ていれば、(1)の不自然さも、特に気にならない。

見ていれば、面白いドラマなのです。

#3ゲスト:高月彩良さん

最近、高月彩良(たかつきさら)さんをよく見かける。
最初は「重版出来」(TBS 2016/04〜06)。
その時は、知らなかったんですが「高月彩良」という活字に見覚えがあり、
wikipediaで調べてみると「思い出のマーニー」の杏奈の声の人だった。
それで覚えたので、
その後「時をかける少女」。
今回も「嫌われる勇気」に出演しているので、人気だなぁ。いう感じ。

加藤シゲアキさんとは「時をかける少女」(NTV 2016/07〜10)でも共演されてましたね。

正直、狙ったわけでもないのに、なぜかよく見かけます。

オープニングのナゾ??

オープニングでは、
庵堂が、ストップモーション状態の出演者陣の間をすり抜ける演出になっています。
これって、データを取り込んで、CG合成してるの??

どうやら本当に止まって撮影らしい。
「マネキンチャレンジ」といって、本当に止まっているらしい。すごい。。
news.dwango.jp
マネキンチャレンジ - Wikipedia

乾皮性湿疹と診断された。

あくまで、自分の記憶なのですが、
11月くらいまで、部屋に蚊がいて、特に足回り・スネをよく刺されていました。
引っ掻いて、ケガになった所(直径3cmくらいで赤くなってる)が、
なかなか治らなくて困っていて、
背中とかも痒くて、引っ掻くので傷がアチコチに。。
ついに皮膚科に行くことにしました。

診察室に入って、患部のスネを診てもらったら一瞬で、
「乾燥肌だね。乾皮性湿疹。」
と瞬殺で診断w
なんか、患部のサンプルが載っている本を見せられて、
「おー。これと同じだー。」っていう感じ。

背中も診てもらうと「こっちも乾燥肌だね。」と、こっちも瞬殺。

処方薬

以下の、塗り薬を処方してもらいました。

(1) ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「PP」
→ 1プッシュで泡が出てきて、乾燥肌になっているスネとか背中に塗る。

(2) ヘパリン類似物質油性クリーム0.3%「日医工
→ 比較的軽めの所に塗る。

(3) ベトノバールG軟膏0.12%(抗生物質)
→ 特にヒドイ、スネのキズの所に塗る。

1週間でだいぶよくなった。

ちょうど、1週間経ちますが、かなり改善してきています。
キズもキレイになり、赤みもだいぶ収まってきています。
背中のかゆみもほぼなくなってきました。

ただ、背中を自分で塗るっていうのは。。難しいよね。

まぁ、結果的に、蚊に刺されていたこととはあんまり関係なかったようで。。